作品紹介『ひろあき◎』

「この作品集、ほ、他と違う!!」


作品集」と聞いて、あなたはどのような本を思い浮かべますか?


過去の作品」を写真に撮って、

その作品を本に収めたもの。

ですよね?


ですが、私が「1冊目」として制作した作品集は、

画像データを全て自分でいじくり回して、

新たに作った、一つの作品」となっております。


せっかく自分でデータをいじる事ができるのだから、

これでもかってくらいに「全て」を詰め込む事にしたのです。

感覚的に言うと、スクラップブックに近いかと思われます。


実際の掲載作品点数は、大小合わせて約220点

ジャンルも媒体も恐ろしく幅が広いです。

(車にエアブラシ。)

(ライブペイント。筆や手。)

(パソコンでイラスト、漫画。)

(さぶろく板、エアブラシ。)

 

私は、表現者であるが故に、思想家でもあり、

絵に起こす前は文章にてメモしておく事が多々あります。

この作品集にはその「ネタ・種」となっている文章も、数十点収録しました。

よく、「ポエマーなの?」と言われますが、ポエムじゃないです。多分。。

 

ページ数はフルカラーで64ページ

64発の、「画念」がこもってます。お、重い・・・!! 

 

(創作四字熟語「四字熟画」)

(四字熟画と、関連ポエム。)

(数字1〜8に割り当てられた意味と龍。)

(危害のない恐怖は滑稽である。の実験。)

 

 

写真を整理しただけではない、という事で、

当然ながら、制作はとてもタイヘンでした。

ページ一枚」を「一つの画」としてデザインしており、

横にして見たり、縦で見たり、あっちこっちあっちこっち、

正直、見る方もタイヘンです!!

 

 

ですがそれこそが「大明◎らしさ」であり、

簡単に受け入れられるモノは、大明◎ではない」という

ヒネクレ精神純度100%の、まうごとなき、「大明◎の作品」

として、この世の中に生んでしまったのです。

 

「作品集」というより、「一つの作品」と前述致しました。

なので、値段も「本」にしては少し高めな上、

限定500冊とし、増刷もしないと決めています。


これはもう「一つの作品」というより、「大明◎そのもの」です。

なので、作品集のタイトルは「ひろあき◎」とさせて頂いた顛末です。


この「ひろあき◎」は是非とも実際にお手にとって頂き、

 

この作品集、ほ、他と違う!!」と言っていただけると、

 

画家冥利に尽きる・・・もとい、大明◎冥利に尽きる、というものです。

 


そんな、ちょっとおかしな「ひろあき◎」を、

何卒どうか、宜しくお願い致します。

 

大明。